冬 物 語 (The stories in Winter)
 宿根草(その3)Perennial flowers ( Part 3)
46 ミツバ 47  ペタロステマム・ステファニー 48  セージ
49 アガスターシュ(アニスヒソップ) 50 オキナグサ 51 カワラナデシコ
52 アシタバ 53 クリンソウ 54 セイヨウサクラソウ
(キバナノクリンザクラ)
 
46)ミツバ   
家の西隣の空き地をお借りして家庭菜園をはじめたとき、家内を連れて近くのホームセンターに行った。「家庭菜園で、何を栽培したい?」と尋ねると、「ウーン、キウリにナスに・・・・・、それからバジル、パセリ、ミツバ」と応える家内。家内の希望どおりに取り揃え、この家庭菜園はスタートした。
バジル、パセリ、ミツバ・・・、これらは立派に育つも、食卓にのぼることは一度もなかった。しかし、パセリとミツバは人参とともにキアゲハの絶好の食草であり、果たして、栽培し始めて早々からキアゲハの訪問を受けていた。それから3年、特にミツバは、野菜としては無視され続けられているものの、ジャングル化しながら畑の周りに広く占有範囲を広げ、毎年キアゲハの繁殖地として確固たる地位を築いている。改めて、家内に感謝!
冬には地上部がほとんど枯れ落ち、春を待つ新芽がわずかに地上を這っている(写真右下、2月)。
 
    
47)ペタロステマム・ステファニー  6月初旬〜下旬    
マメ科のユニークな花を咲かせる宿根草。マメ科だからチョウやミツバチに人気があるだろうと、2014年初冬に予想して入手した。株は生きているようだが、なかなか生育を見せなかったので心配していたところ、2015年6月に入って花を咲かせ始めた。想像通り面白い花で、果たして頻繁にミツバチの訪問を受けているようだ。
2016年1月20日
地上部は枯れた枝が残っているが、地下部は頑丈に根を下ろしているようで、枯れた枝をどのあたりで切り落として良いのかわからない。春まで、このままで放置しておこう。

2016年8月5日、ミツバチの蜜源としても優秀なペタロステマムはとても気に入っている草花ではあるが、国内で販売している種苗会社によると生育が緩慢で増殖が難しいという。ところが、海外の種苗会社の解説によると、播種はとても簡単とあるので、今年は採種して来年の早春に播種することにした。8月に入って、種子は完熟して飛散し始めた(写真下)ので、急いで採種することにした。スカビオサ(マツムシソウ)の種子にとても良く似ている。
 
 
48)セージ   5月初旬〜   
丈夫な宿根草。生育もすこぶる良く、一冬で何倍にも殖える。今年の冬はかなり処分しないと来年は大変なことになりそうだ。ミツバチは大好きなようで、いつも体を花の中に潜り込んでいる姿をよく見る。花は梅雨入りと同時くらいの六月初旬。しかし、花が少なくなる夏はもちろんのこと、秋口まで咲き続けるのでありがたい。
 
2016年1月20日
  夏には1.5mほど、まるで木本のように高く伸びて周りに大きく広がるセージも、冬になると地上部は完全に枯れ果て、その残骸が残るのみ。今年は、昨年に比べると、かなり大きくなっていることが確認できた。あまり大きくなりすぎても困るので、これからは周りに伸びないように処理する必要があろう。



    
49)アガスターシュ  6月初旬〜降霜    
 
チョウとミツバチの蜜源として入手した。花の写真もそこそこだったので期待していたが、目立たない地味な花である。丈夫で生育はよく、こぼれ種によりやたらに殖える。毎年かなり処分するのだが、雑草化してその占有域は増加の一方。庭の北側に植えているので、さほど期待しているエリアでもなく・・・まあ、いいか?
厳寒期には、地上部は完全に枯れ落ちる。
 
   
50)西洋オキナグサ  
 子供時に好きだったオキナグサ。小学生のときに神戸の実家の庭に何度も植えたが、どうしても定着させることができなかった。今回は友人から頂いた株を・・・さて、うまく育つだろうか。真冬なのだが、無加温ハウスのなかに直植えした。

2016年1月13日
真冬に無加温ハウス内で開花している西洋オキナグサ
2016年11月、咲き続けるオキナグサ
国産のオキナグサと違って、西洋オキナグサはとっても丈夫なようだ。真夏でも生長は止まることなく、花も咲き続けた。オキナグサの栽培には自信がなかったが、西洋オキナグサの予想外の強健さにただ驚いている。何しろ、年中咲き続けている・・・通常の性質なのであろうか?
  2016年12月5日、新たに咲いたオキナグサ
今年1月に花を咲かせていたオキナグサ。ほとんど1年を経た12月5日に、新たな花を咲かせているのを確認した。この1年を通じて株は成長を続け、また1年中花を咲かせ続けた。美しい花なのに意外に目立たないオキナグサではあるが、我が家の庭では立派にその存在感を示している。2月に入って、蕾2輪で花を3輪咲かせ、ますます元気な様子。氷点下5〜7℃の寒さを、ものともしない。
51)カワラナデシコ
2016年1月20日
さすが、冬の寒さもヘッチャラのカワラナデシコ。しかし、環境が合わないのか、我が家の庭では大きく育ってくれない。右写真は足掛け3年のもの。枝は大きく伸びるので、この夏は支え棒をしっかりと準備することにしよう。
真冬のカワラナデシコ (写真右)

2016年6月18日

 今年は支柱をしっかりと立てたので、立派な見栄えのする花をまとめて咲かせてくれた。こうなると存在感がある。
 

2016年6月5日満開間近のカワラナデシコ

2016年6月17日満開のカワラナデシコ
  
52)アシタバ 
2015年12月
ケールと並んで青汁の原料として名が知れたアシタバの苗を友人から頂いた。キアゲハの食草とチョウの蜜源となることを期待して移植したものだが、大きくなったら青汁にも試してみよう。とても丈夫で作りやすいという。放置して雑草化させないようにという注意も受けた。何でも、繁殖力が極めて旺盛なのだそうだ。個人的には、雑草化するのが楽しみだ・・・青汁の材料、キアゲハの食草、蜜源として。(写真 2016年1月21日)

開花前の越冬

開花後の越冬

4月6日、春になって葉が大きく伸びてきた

6月5日、ミツバのジャングルに生えるアシタバ
 
53)クリンソウ
2015年4月、
友人からの頂きものだが、冬越しなど、庭で栽培できるか・・・とても心配。比較的湿気の多い庭の東側で、家屋に接した特に湿った場所を選んで植えつけることにした。6月には、さすがすばらしい花を咲かせたが、夏の間に消えてしまったようで、あきらめていた。



2015年4月29日、
クリンソウを植えていたことを全く忘れていたが、側にセイヨウサクラソウを植えているため、夏を含め、暑い時期や乾燥する時期には水やりを忘れないように心がけていた。
ふと気がつくと、株は順調に育ち、さらにこぼれ種からと思われる小さな苗も育ってきているようだ。嬉しいですね ・・・ この夏は、何とか越せるように気をつけていよう。
その前に、あの美しい花を再び観賞しなくては。
   
54)セイヨウサクラソウ(キバナノクリンザクラ)
友人から鉢上として頂いたものだが、冬越しなど、庭で栽培できるか・・・とても心配。比較的湿気の多い庭の東側で、家屋に接した特に湿った場所を選んで植えつけることにした。既に4年を経過して、順調に生育し大きな株になってきたようだ。花が咲く時期が早春なので、この花を訪れる虫はあまり見られないようだ。

冬越しのセイヨウサクラソウ

2016年4月6日、満開のセイヨウサクラソウ
 
 
 
 主な宿根草(クリックNO1〜9    
1 マーガレットコスモス  バーベナ ボナリエンシス  バーベナ
4 ベロニカ 5 宿恨ガーベラ・ガーベラ  チャイブ
7 クラスペディア 8 アリッサム スノープリンス 9 アリッサム サクサティレ
 主な宿根草(クリックNO10〜18     
10  ミヤマオダマキ  11 ウォールフラワー  12 ルドベキア
13 オミナエシ 14 エキナセア  15 シダルセア
16  プルネラ フリーランダーブルー  17 アンセミス イエロー  18 ヒメイワダレソウ   
 主な宿根草(クリックNO19〜30)    
19  フロックス  20  リアトリス 21 ルリタマアザミ
22  バーバスカム  23 ダイアンサム かほり  24 ニーレンベルギア
25  マーガレット 26  オステオスペルマム 27  ジギタリス
28  モナルダ(ベルガモット) 29  アレナリア モンタナ 30  オーブリエチア
  主な宿根草(クリックNO31〜45)    
31 クリサンセマム ノースポール 32  コレオプシス クリームブリュレ 33 キキョウ    
34 西洋ダイコンソウ 35  オトギリソウ 36 ジャーマンアイリス
 37  ヒデンス  38 フジバカマ  39 ヒルザキマツヨイグサ
40  ウマノスズクサ  41 タナセタム ’ジャックポット’  42 イトバシュンシャギク
43   シバザクラ 44   クリンソウ  45 宿恨リナリア
 主な宿根草(上記 NO46〜54)    
46 ミツバ 47 ペタロステマム・ステファニー  48  セージ
 49 アガスターシュ(アニスヒソップ) 50  オキナグサ    51 カワラナデシコ 
 52 アシタバ  53  クリンソウ 54  セイヨウサクラソウ
(キバナノクリンザクラ)
 主な宿根草(クリック NO55〜     
 55  ガガイモ(オキシペタラム) 56  スイカズラ 57  ワレモコウ
58  スミレ(野生種) 59   ホトトギス  60 クリーピングタイム
61   アメリカスミレサイシン 62 カンパニュラ・メリーベル 63  パイナップルリリー
(ユーコミス)
 主な宿根草(クリック NO64〜72 )    
64 ペンステモン  65 カラミンサ(カラミント)  66  オレガノ
 67 メキシカンブッシュセージ
(アメジストセージ)
 68 パルマスミレ(ニオイスミレ) 69 シモツケソウ
 70 デュランタ・タカラズカ   71 マウンテンミント 72 アスチルベ
 主な宿根草(クリック NO73〜 )    
 73 オニユリ 74  フェンネル(ウイキョウ)  75  オルレラ
76 ムラサキケマン  77  ヤハズソウ 78 ステビア
 79 オリエンタルポピー         
 一年草へつづく Continue to Annual flowers(夏の暑さで枯死する宿根草を含む)
 
栽培している草花・木(冬のガーデン含めて)へもどる
庭の草花へ戻る 
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る