冬 物 語 (The stories in Winter)
 宿根草(その1-2)Perennial flowers ( Part 1-2)
10  ミヤマオダマキ  11 ウォールフラワー  12 ルドベキア
13 オミナエシ 14 エキナセア  15 シダルセア
16  プルネラ フリーランダーブルー  17 アンセミス イエロー  18 ヒメイワダレソウ   
 
 
 10)ミヤマオダマキ 
  
これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫。 
 
2月初旬。そろそろ枯死した枝を取り除こうかな。
11)ウォールフラワー  (チェイランサス、ニオイアラセイトウ)  

2015年2月下旬

2016年1月20日 よく育っている
 
2016年4月6日
 
2016年4月6日
これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫。しかし、イギリスのように雑草のようには殖えない。こぼれ種の発芽が悪いようだ。種を採取して殖やすとよい。アブラナ科で蝶が好きそうなので植えたのですが、蝶が訪れている姿をほとんど見ない。なぜだろう・・・。
 2016年10月20日
その名のとおり、庭のボーダーとして敷地の周りに殖やそうと、今年の夏に採った種を蒔いて苗をつくった。かなり目立つ花のようで、周りを過ぎる近所の方に「この花、何て名なの?」と聞かれることがしばしば。苗を求められることもよくあるので、そのご要望にお応えして・・・チョッと多目に!
   
  12)ルドベキア  6月初旬〜     
これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫。元株は枯死しても根元に新芽が準備され、この姿で冬を越す。  
2月初旬
   
 4月初旬。昨年の倍くらいの大きさになっている。  
  13)オミナエシ 7月初旬〜     
これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫・・・当然かな。花が咲いたら早めに切り落とさないと種が散り、庭がオミナエシの苗に占拠されることになる
 
 
2月になると株の根元から新芽が伸びてくる(2月中旬)
   
秋の七草というものの、オミナエシは7月中旬から咲き始め9月の下旬まで咲き続ける。
  14)エキナセア  6月初旬〜     
これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫。蝶やミツバチが大好きなようです。  
   
4月に入ると、たくさんの芽が出てくる。
 
 15)シダルセア   6月初旬〜下旬     
 
 シダルセアは種子から育てたのもので、昨年が初花であった。株があまり大きく育っておらず、か弱い花にその後の生育をほとんど諦めていたのだが、株は意外に強く、さらにひと冬を経て株は大きく頑丈に生育したようだ。昨年はほとんど不十分な花しか見られなかった各場所から、今年は大きく伸びてきて自己主張している。ミツバチもお気に入りのようで、我が家の庭に居場所を確保したようだ。  
 16)プルネラ フリーランダーブルー    4月下旬〜降霜

これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫
どんどんと、その占領域を大きく広げている。
 
ハウス内で栽培。既に新芽が伸び始めている(二月下旬)。
   
屋外栽培。真冬でも鮮やかな新芽が残っている
(2月下旬)。 
屋外栽培。真冬でも鮮やかな新芽が残っている
(2月下旬)。 
庭のあちこち、特に少し木陰になるようなところに植えている花だが、昨年から順調に広がり、 5月の下旬になってほぼ満開を迎えた。
あまり目立たないが、なかなか魅力的な花で重宝している。
 
  2015年12月中旬、 

今年は暖冬といわれながらも、すでに冬の季節風と降霜が観察される。ほとんど毎朝、霜が降りるものの、プルネラの花は強い。数は少なくなったもののしっかりとした花を咲かせている。このような状態の株は、夏に木陰で育ったもので、日向で育った下部は上で紹介しているような以下にも冬篭りの状態となっている。プルネラは半日陰で生育するのが良いようだ。
 17)アンセミス イエロー   5月初旬〜7月下旬or降霜    

栽培検討中。寒さには強い。12月に播種して育てた株を定植した。真冬に雪をかぶっても順調に元気よく育っている。さて夏越しはどうなるんでしょうか? 
 
屋外で栽培(3月初旬)。
 
屋外で栽培(1月中旬)。
 
ハウス内で栽培(2月初旬)
一株の子苗からぐんぐんと大きくなって、株幅1m、株の高さも1mくらいになる。しかし、株の基部が弱く、大きくなるに従い花茎が倒れていく。ましてや、雨に降られようものなら、葉や花が重くなって株全体が倒れてしまうくらい形が崩れることになる。あらかじめ形を整えるために支え棒をしっかりと準備しておく必要がある。来年は、早い段階から気をつけて準備することにしよう。   
 
2015年10月22日 咲き続ける株
 
2015年10月22日 なんとか生き延びた株
 
2015年10月22日 株は枯れたが、小苗がビッシリ
2015年10月22日、 秋も深まりつつある晴天のアンセミス。驚くことにまだ咲き続けている株もある。同じ種まきから育てた株だが、あるものは夏の暑さに耐え兼ねて枯れた(ほとんどの株、写真左上)もの、株はなんとか生き延びた(写真右上)もの、そして花を咲かせ続けている株(写真左)があることになる。この違いは何に起因するのであろうか。不思議なことに枯れた株の周りには立派な小苗がビッシリと生え、間引くのが大変なくらい。数株を鉢上げして、あとは処分することにした。不思議なことに、生き延びた株の周りには小苗はほとんど生えていない。
 2015年12月中旬
秋に生き延びていたように見えていた株を根元から剪定すると、根元には来春用にしっかりとしたたくさんの新芽が伸びている。よく観察しても、決して種子から育ったものではない。アンセミスは確実に宿根草として冬越しができるようだ。
18)ヒメイワダレソウ   5月初旬〜     

これは丈夫で、ハウス外に放置しても大丈夫
繁殖旺盛。
 
 5月の下旬になって、ようやく咲き始めた。一般的にはかなり遅い開花となるが、昨年冬に植えた株が確実に活着し花を咲かせ始めたことになる。これから大きく育ってくれると期待している。チョウやミツバチが喜んでくれるに違いない。
  
 
 
  主な宿根草(クリック NO1〜9)        
1 マーガレットコスモス  バーベナ ボナリエンシス  バーベナ
4 ベロニカ 5 宿恨ガーベラ・ガーベラ  チャイブ
7 クラスペディア 8 アリッサム スノープリンス 9 アリッサム サクサティレ
  主な宿根草(上記)        
10  ミヤマオダマキ  11 ウォールフラワー  12 ルドベキア
13 オミナエシ 14 エキナセア  15 シダルセア
16  プルネラ フリーランダーブルー  17 アンセミス イエロー  18 ヒメイワダレソウ   
  主な宿根草(クリック NO19〜30)        
19  フロックス  20  リアトリス 21 ルリタマアザミ
22  バーバスカム  23 ダイアンサム かほり  24 ニーレンベルギア
25  マーガレット 26  オステオスペルマム 27  ジギタリス
28  モナルダ(ベルガモット) 29  アレナリア モンタナ 30  オーブリエチア
  主な宿根草(クリック NO31〜45)        
31 クリサンセマム ノースポール 32  コレオプシス クリームブリュレ 33 キキョウ    
34 西洋ダイコンソウ 35  オトギリソウ 36 ジャーマンアイリス
 37  ヒデンス  38  フジバカマ  39 ヒルザキマツヨイグサ
40   ウマノスズクサ  41 タナセタム ’ジャックポット’  42 イトバシュンシャギク
43    シバザクラ 44   クリンソウ  45  宿恨リナリア
           
  主な宿根草(クリック NO46〜54)        
46  ミツバ  47  ペタロステマム・ステファニー  48 セージ
49   アガスターシュ(アニスヒソップ)  50  オキナグサ  51 カワラナデシコ 
 52 アシタバ  53   クリンソウ  54  セイヨウサクラソウ
(キバナノクリンザクラ)
 主な宿根草(クリック NO55〜63)         
 55  ガガイモ(オキシペタルム) 56   スイカズラ  57  ワレモコウ
 58 スミレ(野生種)  59   ホトトギス 60   クリーピングタイム
 61  アメリカスミレサイシン(白) 62 カンパニュラ・メリーベル 63  パイナップルリリー
(ユーコミス)
 主な宿根草(クリック NO64〜72)        
64 ペンステモン  65 カラミンサ(カラミント)  66  オレガノ
 67 メキシカンブッシュセージ
(アメジストセージ)
 68 パルマスミレ(ニオイスミレ) 69 シモツケソウ
 70 デュランタ・タカラズカ   71 マウンテンミント  72 アスチルベ
 主な宿根草(クリック NO73〜 )        
 73 オニユリ 74  フェンネル(ウイキョウ)  75  オルレラ
76 ムラサキケマン  77  ヤハズソウ 78 ステビア
           
 
一年草へつづく Continue to Annual flowers(夏の暑さで枯死する宿根草を含む)
栽培している草花・木(冬のガーデン含めて)Topへもどる
庭の草花へ戻る
庭の花木へ戻る
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る