冬 物 語
 The stories in Winter
 
 一年草(その3) (本来は宿根草を含む)Annual flowers 太字:元来宿根草(夏の暑さ-霜で枯死)
25 ポリジ 26 アスクレピアス(トウワタ) 27 アイ(藍)
        
25)ポリジ  
ミツバチの蜜源としてハーブの植栽を勧めている。そこで、人気のポリジを播種したものの、なかなか発芽しない・・・という失敗を繰り返していた。発芽をさせるのが難しい種なのだろうと思っていたが、結局、種の品質によるものであることが分かった。秋に播種するのが通常の一年草なのだが、5月の下旬に播種し、6月の下旬に定植した。一年草なので、無事に花を咲かせた後に採種する必要があることから、適切な定植場所の選択に迷うことになった。最終的に、どのような結果になるのか楽しみ。

2017年7月17日、
既に花蕾を見せ始めたポリジ(写真右)


2017年7月20日、早い・・・もう咲き始めた。

魅力的な色彩・・・確かに美しい
26) アスクレピアス(トウワタ) 宿根草だが、屋外では霜で枯死の一年草
マダラチョウの蜜源として知られるアスクレピアス・ツベロサ(トウワタ)は、国内でも九州南部を北限に自生している宿根草。しかし、ここ北関東では、極寒により、屋外ではひとたまりもなく枯れ果てる。蜜源としての効果を期待して、毎年播種して維持しているが、蜜源としての効果は期待ほどではない。毎年播種した苗は、その一部を鉢植えにして温室で越冬させるが、残りは庭に直植えして冬越しは諦めることにしている。この花は真夏も咲き続けるので、寂しくなる夏花壇を賑わしてくれるので重宝している。

2017年4月16日、鉢植えにして生育中の苗
 
2017年9月、秋に入っても開花を続ける
27)アイ(藍)  
発酵させて藍染めに用いるアイ。2017年の初夏に友人からポット苗をいただき、早速畑の片隅に植え付けた。 アイはタデ科の花で、花がミツバチやチョウの蜜源になるかもしれないと、期待を込めての植え付けとなった。
苗の生育は極めて良く、どんどんとその勢力範囲を広げてゆくので、伸びすぎた周りの小枝を切り縮めてその開花を待った。9月に入って開花し始め、花の訪問客を観察し続けたところ、ミツバチやチョウの訪問は全く見られず期待外れとなった。さて、これからどうしようものか? 一応採取して種を保存するも、来年の更新は少し考えるこことにしよう。 



満開のアイ

いかにもタデ科らしい花を咲かせる
   
 
一年草(その1) へもどる 
1 ラッセルルピナス デルフィニウム スカビオサ
4 ジギタリス 5 カンパニュラ メジウム ビオラ・パンジー
7 ヒマワリ ビンセント 8 カルフォルニアポピー 9 ジャーマンカモミール
10  クリサンセマム ノースポール 11 ディモルフォセカ 12 タナセタム ジャックスポット
一年草(その2)へもどる 
13   百日草 14   チトニア トーチ 15 エキウム ワイルドプリティ 
16  マリーゴールド  17 メランポジウム 18  ムシトリナデシコ
 19 ウスベニカノコソウ 20 メキシカンハット 21 セリンセ マヨール 
 22 リナリア(一年草)  23  クレオメ  24 ディル 
一年草(その3)
25 ポリジ 26 アスクレピア(トウワタス) 27
太字:元来宿根草(夏の暑さで枯死) 
主な宿根草(クリック:NO1〜NO9)    (クリック:NO10〜NO18)           
           (クリック:NO19〜30)  (クリック:NO31〜45)
          (クリック:NO46〜54)   (クリック:NO55〜63)  (クリック:NO64〜 )へつづく
 
栽培している草花・木(冬のガーデン含めて)へもどる 
 庭の草花へ戻る
 庭の花木へ戻る
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る