我が家の庭を賑わす花木(2)

 バタフライガーデンを目指して・・・
 ブッドレアがいっぱいのガーデン
 
 主な花木(2)  
13  タマクサギ(ボタンクサギ) 14  ウツギ(卯の花)  15  デュランタ・タカラズカ   
16   メドハギ        
    
13)タマクサギ(ボタンクサギ)  6月中旬〜   
   
クサギがアゲハチョウの仲間に好まれる花であることはよく
知られている。タマクサギはその近似種であることから、同じ
ようにアゲハチョウの仲間に好まれると思い庭の北の端に植
えた。クサギと同じように茎や葉はとても臭い。3年を経過し
て大きく育ち、立派な花をたくさん付けるようになった。しかし
、地下茎で広範囲に増殖しようとするので、それを制限する
のが大変。果たして、確かにアゲハチョウの仲間は好んでや
ってくる。特に、来訪を強く期待しているナガサキアゲハはと
ても好きなようだ。ちょくちょく見かけるのだが、なかなか写真
を撮らせてくれない。ナガサキアゲハが我が家の庭を飛び回
る時が来るのを、とても期待している。
タマクサギに吸蜜するジャコウアゲハの雌(写真右)
 
ジャコウアゲハ

クロアゲハ

キアゲハ
 2017年7月18日、憧れのナガサキアゲハ(雌)がやって来た(写真下左右)
 14)ウツギ(卯の花)  
我が家の畑とお隣の庭の境界となる生垣に、ミツバチとチョウが好んで集まる真っ白な花(ウツギ)を見つけた。この地域では、土地の境界線としてウツギを植えるのが習慣となっていたとのこと。今まで全く気がつかなかったのが不思議。
 
 
2016年6月12日
我が家の庭にも是非植えたいと思い、花が咲き終わるのを
待って新枝を採集し、早速挿し木を行った。用土には鹿沼土
:赤玉土(1:1)のものと、腐葉土:赤玉土(1:1)のものを用いて
比較することにした。
2016年7月16日
挿し木を行ってからおよそ1ケ月を経たところ、無事に根付
いたようだ。しかし根付いたものは、鹿沼土と赤玉土(1:1)
の用土を用いたもの(写真上:上半分)で、普通の植え替え
用土(腐葉土主体)のもの(写真上:下半分)では全く根付
かなかった。
 
2016年7月19日
既に発根して活着しているように見えるので、庭の西側に
定植した。ビニールポットを外したとき、多くの白い根が伸
びていることが確認でき、安心して定植した。しかし季節的
には決して好ましい時期ではないので、写真の1本のみを
定植した。

2017年4月12日

昨年の真夏に定植したことから、活着するかどうか心配していたが、無事に活着しどんどんと成長していることが確認された。今年は花が咲くかどうか分からないが、将来色々な、たくさんの昆虫の蜜源になることを期待している。
15)デュランタ・タカラズカ   
 蜜源植物として入手した。庭に直うえできるものと思っていたが、ネットで調べると、耐寒性は劣り、最低でも5℃以上で栽培する必要があるとのこと。これは間違いなく、冬は温室で栽培しなくてはならない花木となる。耐寒性が劣ることが予め分かっていたら、手には入れなかっただろう。仕方がないので・・・、最低温度を10℃にした3坪の温室に持ち込み、蘭栽培の邪魔にならないように、温室の片隅で我慢してもらうことにした、温室内で栽培すると、真冬(12月下旬)でも花を咲かせ続けるようだ。鉢植えでの栽培を継続することになったので、鉢増しして植替えを済ませ、長期栽培の戦略を開始することにした。
6月になって、新たに伸びた枝からたくさんの花を咲かせ始め、クロアゲハやジャコウアゲハなどの訪問を受けている。
16) メドハギ (雑草) 
キタキチョウの自然の食草として、近くの川原から引き抜いて
きた。定着すると厄介な雑草であることから、素焼鉢に植えた
ものを庭に定植することにする。種子による広がりは、注意し
て除去することに心がける。
キタキチョウの食草としてはミヤギノハギがあるが、卵や幼虫
が観察しやすい手頃な低木を利用することにした。これくらい
小さいと、ネットを利用して保護・確保することも容易。
   
   
   主な花木(1)          
1 ヤマブキ(一重) ミヤギノハギ(宮城野萩 ブッドレア (アルテニフォリアを含む) 
4 キンモクセイ 5 モクレン カラスザンショウ
7 ランタナ 8 タニウツギ 9 ハナウツギ
10 アジサイ 11 ヘンルーダ 12 エノキ
   主な花木(2)          
13  タマクサギ(ボタンクサギ) 14  ウツギ(卯の花)  15  デュランタ・タカラズカ   
16   メドハギ        
 我が家のバタフライガーデンをめざして
   ミツバチやチョウに優しいガーデニング
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る