(4)我が家のバタフライガーデンをめざして
我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その2)

 (1)我が家のバタフライガーデンをめざして ミツバチやチョウに優しいガーデニング・記録 2017年
  (2)バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウへもどる
(3)我が家のバタフライガーデンの蜜源として準備する花々へもどる
(4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その1)へもどる 
 (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その2) 
(4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その3へつづく) 
宿根草として保持する草花(毎年、晩秋〜冬に確認されるの草花)の状態(原則的に11〜12月)
株の状態が異常な場合は、必要に応じて新規に補充する。
宿根草のつづき
オーブリエチア (11月)
アンセミス‘イエロー’ (12月) 
 
西洋オキナグサ(12月)
 
1年中生育し続け、花を咲かせ続ける
ウォールフラワー(チェイランサス) (1月)
 
想像以上にしっかりとした株姿で冬を越す
  アリッサム・サクサティレ (12月)

とても元気な姿で冬を越す
アリッサム・サクサティレ (2月)

極寒の2月にはヨレヨレになるが、春には鮮やかな葉が・・
 ルリタマアザミ  (12月) 

既に来春の株が生育中
ルリタマアザミ  (2月)
 
極寒にはかなり傷む
オトギリソウ (12月)

何れ地上部は全て枯れ果てる
リアトリス (1月) 

地上部はほとんど皆無、球根の先がチョッと!
 コレオプシス クリームブリュレ(11月)

小さなロゼット型で冬を越す
姫イワダレソウ (1月) 
放置すると広がりすぎるので、小さくに維持するのに注意
ニーレンベルギア (12月)
 
チャイブ (12月)
スミレ(野生種) (12月)
スミレ(野生種) (2月)
 
 ヒルザキマツヨイグサ (12月)
カワラナデシコ(12月)
 
クリーピングタイム(12月) 
クリーピングタイム(2月)
 ローズマリー (12月)

だいぶ大胆に剪定した
ペンステモン (12月)

少しづつ衰えていくが、まだまだ元気
宿根バーバスカム(12月)
 
オレガノ (12月in温室)
 イトバシュンシャギク (12月)
シャスターデージー (12月)
 
西洋ダイコンソウ (12月)
スイカズラ (12月)
ラベンダー 
 オニユリ (12月末)

地上部は完全に消えてしまう
 イベリス  アレナリア・モンタナ 
温室内で冬越しさせる宿根草花・花木  
本来なら庭に地植えしたいところだが、厳寒期には氷点下5℃くらいまで下がる日が何日も続くようなこの地にあって、東京では地植えできるような草花や花木が凍結して枯れてしまうことは不思議ではない。そこで、加温して冬越しをさせなくてはならない草花や花木には、最低温度を10℃に設定している3坪のラン栽培用の温室の片隅を利用している。ランの鉢を置く場所が占有されること危惧し、通常の草花や花木を温室で冬越しさせるのは気が進まないからで、止むを得ないものについては少々居心地の悪い場所で我慢してもらうことにし、霜が降りる心配がなくなる春まで世話をすることにしている。無論これらは花の美しさより、蜜源としての重要性を考慮したもの。
メキシカンブッシュセージ(12月in温室)
 
パルマスミレ(ニオイスミレ)(12月in温室)
 
 デュランタ タカラヅカ(12月in温室)

温室で栽培すると、花が咲き続ける
ランタナ(12月in温室) 

切り縮められた上に、温室の隅っこに押しやられて越冬
 オレガノ (12月in温室)

2016年だけの特別処置
 

我が家のバタフライガーデンをめざして

 (1)我が家のバタフライガーデンをめざして ミツバチやチョウに優しいガーデニング・記録 2017年
  (2)バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウへもどる
(3)我が家のバタフライガーデンの蜜源として準備する花々へもどる
(4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その1)へもどる 
 (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その2) 
  (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その3)へつづく
 リ ン ク 
(その1)我が家を訪れるチョウの仲間たち ・・・ 庭の訪問者(NO.1:蝶を主として) 
      我が家の庭を訪れるチョウの仲間たち 現在 48 種 
(その2) 庭で観察した蝶の興味ある行動
(その3) 我が家の庭に棲み着いたチョウ(現在 20種) 
 (その3-1) 庭に棲み着いたジャコウアゲハの生態
 (その3-2) (2-1)アカボシゴマダラの生態 我が家での生態観察と越冬幼虫の観察
(2-2)アカボシゴマダラの生態 夏型の生態観 
 (その3-3)  庭に棲み着いた並アゲハ、クロアゲハの生態
 (その3-4) 庭に棲み着いたキアゲハの生態
 (その3-5)  庭に棲み着いたカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ナガサキアゲハの生態
 (その3-6)  庭に棲み着いたゴマダラチョウの生態
 (その3-7) 庭に棲み着いたその他のチョウの生態
モンシロチョウ、ルリシジミ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、キタキチョウ、
ツバメシジミ、ウラナミシジミ
アサマイチモンジ、スジグロチョウ、コミスジ
(その4)トラップいろいろ
(その5)幼虫の飼育便利グッズ
(その6)我が家を訪れるチョウの食草一覧(庭に自生・植栽している食草)
(その7)アゲハチョウの仲間 幼虫の比較
付録世界のバタフライガーデン
付録 下野市で見られるチョウ 
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る