(4)我が家のバタフライガーデンをめざして
我が家のバタフライガーデンを代表する花々の維持(その3)

 (1)我が家のバタフライガーデンをめざして ミツバチやチョウに優しいガーデニング・記録 2017年
  (2)バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウへもどる
(3)我が家のバタフライガーデンの蜜源として準備する花々へもどる
(4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その1)へもどる 
 (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その2)へもどる 
  (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その3)
宿根草つづき
従来宿根草であるが、猛暑or厳寒で枯死する。天候により、時として生き残り維持されることがある。
普通、こぼれ種苗、あるいは、秋蒔き種子苗で維持することにしている。従って、ここでは生き残ったの株の確認と、新たな苗の確認が求められる。
注意:夏越した株は、全て2016年年に記録したもの(我が家では初めての経験)。
宿根リナリア
ミツバチやチョウの蜜減として世話に手が抜けるものと
信じ、宿根という名がついている「宿根リナリア」を購入
したものの、実際には晩秋には完全に姿を消してしまう
・・・夏の暑さによるものだろう。しかし年が明けると、あ
ちこちにポツリポツリとこぼれ種苗が見られ、その苗を
移植して育て、「リナリア」を繋いでいた。ところが、2016
年の夏の異常な天候によるものか、いままで暑さに負
けていたと思われるたくさんの種類の宿根草が生き残
った。宿根リナリアもそのひとつ。晩秋・初冬には大きく
育ち(12月・写真右)、いかにも宿根リナリア・・・。来年の
株姿を整えるため、剪定して冬を越させることにした。
 
宿根リナリア(宿根する株)(12月)剪定済み
宿根リナリア(こぼれ種苗)(1月)
 スカビオサ(夏越しの株)
スカビオサは夏の暑さに弱く、かつてはほとんど枯らしてし
まい、毎年、採種した種と購入した種を播種して得た苗を
11月中に直植えすることにしている(写真右)。しかし、夏
の天候により、夏越えすることができることがある。この場
合には、株はむしろ大きく育ち、花も咲き続ける。スカビオ
サは、もうほんの少し気温が低ければ、我が家の庭ですく
すくと生長するところであろう。次年度からは、もう少し遮
光材を多くして、涼しくすることを心がけよう。
スカビオサ(採種・播種)

播種して得た苗を直植えしたもの(12月)。

夏を越し、冬を迎える矮性スカビオサ(12月)

夏を越し、冬を迎える高性スカビオサ(12月)
 デルフィニウム (夏越しの株)(12月)

2016年の夏を無事に越えた
 デルフィニウム (採種・播種)(12月)

播種して得た苗を直植えしたもの。
 タナセタム・ジャックポット(夏越しの株) (12月)

立派な株が夏を越して冬を迎えた
  タナセタム・ジャックポット(採種・播種)(11月)

播種して得た苗を直植えしたもの)
 ラッセルルピナス(夏越しの株) (12月)

夏を越し、さらに大きく育って冬を迎えた
 ラッセルルピナス(採種・播種)(12月)

播種して得た苗を直植えしたもの。
 アリッサム スノープリンセス(冬越しの株)(3月)

新聞紙とビニールで保温して冬越しに成功した
アリッサム スノープリンセス(挿し芽)(2月)

挿し芽して得た苗を直植えしたもの。
宿根草(その3) 食草としての宿根草
ウマノスズクサ (12月始)

寒さに弱く、地上部は既に青息吐息
ウマノスズクサ (12月下旬)

降霜で、地上部は呆気なく溶け落ちる
 ホトトギス (12月始)
 
 ホトトギス (12月下旬)
 スミレ(野生種) (12月)

野生のスミレは冬に向かって花を咲かせる
スイカズラ (12月)

冬の寒さには強いようだ
 ヘンルーダー (12月)
 アシタバ (12月)

冬に入ると、地上部は枯れて行く
 ミツバ(12月)
 
葉は地面に倒れ、雪や寒さに耐えてこのまま春を待つ
   
 
毎年、播種する草花の冬の状態  *:採種による自家播き **:種子の購入
秋蒔き
デルフィニウム(12月) *&**
 
ラッセルルピナス(12月) *&**
  
 スカビオサ (12月) 
 
タナセタム ‘ジャックポット’(11月) *
 
 ジャーマンカモミール*(12月)
ウスベニカノコソウ(12月) **
カルフォルニアポピー (11月) 
カルフォルニアポピー (1月) 
ムシトリナデシコ (11月) 
 
 セリンセ (11月) **
 
毎年、こぼれ種による苗を移植する草花  
ジギタリス(2月)
 
こぼれ種苗だが、発芽が遅れた足掛け2年ものの苗
 ジギタリス (12月)
 
こぼれ種苗を移植した、開花予定株。早春発芽苗は左写真
エキナセア(12月) 
オミナエシ (11月)
クリサンセマム ノースポール(12月)
アンセミス‘イエロー’(2月)
宿根リナリア(1月)
 
リナリアのこぼれ種苗は真冬に顔を出す
  ヒマワリ (3月)

ヒマワリのこぼれ種苗は早春に顔を出す
カンパニュラ メジウム 
 
毎年、挿し木・挿し芽する草花
マーガレット
オステオスペルマム
 アリッサム スノープリンセス(挿し芽)

挿し芽して得た苗を直植えしたもの(2月)。
 
 
数年に一度は播種・or挿し木(挿し芽)する草花
ニーレンベルギア (11月)
イベリス・スノーホワイト(12月)
キンギョソウ (11月)
クラスペディア (11月)
  ウォールフラワー(チェイランサス) (11月)
 
オーブリエチア (12月)
 
 アリッサム・サクサティレ  カンパニュラ・メジウム
   

我が家のバタフライガーデンをめざして

 (1)我が家のバタフライガーデンをめざして ミツバチやチョウに優しいガーデニング・記録 2017年
  (2)バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウへもどる
(3)我が家のバタフライガーデンの蜜源として準備する花々へもどる
(4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その1)へもどる 
 (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その2)へもどる 
  (4)我が家のバタフライガーデンの蜜源となる花々の維持(その3)
 関連サイトへのリ ン ク 
(その1)我が家を訪れるチョウの仲間たち ・・・ 庭の訪問者(NO.1:蝶を主として) 
      我が家の庭を訪れるチョウの仲間たち 現在 48 種 
(その2) 庭で観察した蝶の興味ある行動
(その3) 我が家の庭に棲み着いたチョウ(現在 20種) 
 (その3-1) 庭に棲み着いたジャコウアゲハの生態
 (その3-2) (2-1)アカボシゴマダラの生態 我が家での生態観察と越冬幼虫の観察
(2-2)アカボシゴマダラの生態 夏型の生態観 
 (その3-3)  庭に棲み着いた並アゲハ、クロアゲハの生態
 (その3-4) 庭に棲み着いたキアゲハの生態
 (その3-5)  庭に棲み着いたカラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ナガサキアゲハの生態
 (その3-6)  庭に棲み着いたゴマダラチョウの生態
 (その3-7) 庭に棲み着いたその他のチョウの生態
モンシロチョウ、ルリシジミ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、キタキチョウ、
ツバメシジミ、ウラナミシジミ
アサマイチモンジ、スジグロチョウ、コミスジ
(その4)トラップいろいろ
(その5)幼虫の飼育便利グッズ
(その6)我が家を訪れるチョウの食草一覧(庭に自生・植栽している食草)
(その7)アゲハチョウの仲間 幼虫の比較
付録世界のバタフライガーデン
付録 下野市で見られるチョウ 
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る