我が家の庭の訪問者
バタフライガーデンを目指して
我が家(下野市)の蝶(チョウ)
(その1ーB2)我が家の庭を訪れるチョウたち

 
 内   容 (リンク)
(その1)   我が家の庭を訪れるチョウたち  現在48種
(A1)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる (A2)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる
(B1)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる (B2)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる
(B3)我が家の庭を訪れるチョウたち
(C)我が家の庭を訪れるチョウたち(招からざる客を含めて)へつづく 
 
 今までに我が家の庭を訪れてくれたチョウ   現在48種

 A1
1 アオスジアゲハ 2 ジャコウアゲハ(我が家でので生態)
3 キアゲハ(我が家での生態) 4 クロアゲハ(我が家での生態)
5 ナミアゲハ(我が家での生態) 6 ナガサキアゲハ(我が家での生態)
ツマグロヒョウモン(我が家での生態) 8 ミドリヒョウモン
9 ウラギンヒョウモン 10 メスグロヒョウモン
 A2 11 アカタテハ 12 ヒメアカタテハ
13 コミスジ(我が家での生態) 14 イチモンジチョウ
15 アカボシゴマダラ(我が家での生態) 16 コムラサキ
17 クジャクチョウ 18 キタテハ
19 ルリタテハ
B1   20 ベニシジミ  21 ヤマトシジミ(我が家での生態)
22  ツバメシジミ(我が家での生態) 23 ウラナミシジミ(我が家での生態)
24 トラフシジミ 25 ツマキチョウ
26 ルリシジミ(我が家での生態) 27 テングチョウ
28 モンシロチョウ(我が家での生態) 29 スジグロチョウ(我が家での生態)
 B2 30 ヒオドシチョウ 31 サトキマダラヒカゲ
32  モンキチョウ(我が家での生態)  33 ウラギンシジミ
34  ヒカゲチョウ   35  カラスアゲハ(我が家での生態)
36  アサギマダラ  37 キタキチョウ(我が家での生態)
B3 38  アサマイチモンジ(我が家での生態)  39 ゴマダラチョウ(我が家での生態)
40  オオウラギンスジヒョウモン  41 ミヤマカラスアゲハ(我が家での生態) 
42  ヒメジャノメ    
C   セセリチョウ    
101   ダイミョウセセリ  102  イチモンジセセリ
103  キマダラセセリ  104  コチャバネセセリ
105   チャバネセセリ 106  オオチャバネセセリ
  招かざる客    
 201 イラガ 202  カブトムシ・クワガタムシ 
 203 ブドウスズメ 204   モンクロシャチホコ 
 
38)アサマイチモンジ(我が家の庭で発生するキタキチョウの生態:詳細)
2016年5月9日、
下野市にはイチモンジチョウと混生して比較的良く見かける。しかし、なかなかカメラに収めるチャンスに恵まれなかった。
決して良い天気ではないのだが、我が家のタナセタム・ジャックポットのの花に留まって吸蜜するアサマイチモンジの姿にめぐり会うことができた。5月18日にはタニウツギに飛来(写真右下)。このタニウツギで発生しているのではないだろうな?・・・目が離せない。今年は良く遊びにに来てくれる・・・うれしい悲鳴。
2016年5月21日、 
ブッドエア・アルテニフォリアで吸密するアサマイチモンジ(写真左)。
とても美しい姿に感激!
これら3枚の写真の主役となっているアサマイチモンジは、同じ5月に我が家の庭を訪れてくれたが、翅の紋から全て異なる個体であることがわかる。

スイカズラに産卵されたアサマイチモンジの卵

孵化して間もない1令幼虫
 
 39)ゴマダラチョウ
  2016年5月14日、 
 ゴマダチョウが我が家の庭を訪れてくれるなんて、思いもしていなかった。近くに里山は無いし ・・・ ただ、庭に小さめの食草エノキがあるだけ。
 樹液を吸密するタテハチョウの仲間は、越冬後、春先に求める蜜はどこで調達するのだろう。いくら考えても、なかなか思いつかない。明らかに、クヌギなどの樹液の流蜜には時期的に早すぎる。きっと苦労しているのだろうな。その意味でも、醗酵したスズメバチトラップの美味しそうな香りには惹かれるのかもしれない。ミツバチの巣箱に近いモモの木陰に吊るしたトラップには、オオスズメバチのみならずチョウが訪れる姿を良く見かけるようになった。サトキマダラヒカゲ、アカボシゴマダラ ・・・ そして今日は、ゴマダラチョウの姿を目にした。
 アカボシゴマダラのトラップ来訪に注目していた中、コントラストが鮮やかな異なったチョウの訪問に気がついた。エッ ・・・ ゴマダラチョウだ! この庭で生まれたのだろうか? ごマダラチョウは、我が家の庭では初めての観察となる。 本当にうれしいですね。トラップに掛かってしまわないように注意しなければならないのだが、今後タテハチョウの訪問に向けての準備をする必要があろう。オオムラサキの来訪も夢ではなさそうだ ・・・ 。
2016年8月の末には、庭のエノキで育ったゴマダラチョウが蛹から羽化する姿を確認した。その後、同エノキを精査することにより、幼虫も見つけることができた。
   
 スズメバチのトラップを訪れ、誘引液をひたすらに吸うゴマダラチョウ。ワオッ ・・・ 美しい!

ゴマダラチョウの4令幼虫
 
我が家の庭で羽化したゴマダラチョウ
 
 40)オオウラギンスジヒョウモン
2016年7月19日
ヒョウモンチョウは種によって飛翔の印象が異なるようだ。久々に猛暑とも呼べる暑い日中、今まで感じたことが無いようなキレの良い飛び方をするヒョウモンチョウが目についた。ようやくブッドレアに留まった姿を、ほんのわずかな瞬間としてカメラに収めることができたが、その種名は詳細に調べる必要があった。というのも、上述のメスグロヒョウモンなど、翅裏の模様が似ている種があり、その断定は慎重にしなくてはならないからだ。
果たして、我が家での新しい記録 ・・・ オオウラギンスジヒョウモン ・・・が、確認された。チョッと翅が傷んでいるのが残念だが、さらに美しい写真は次の機会に期待しよう。
 
41)ミヤマカラスアゲハ  (我が家の庭で発生するミヤマカラスアゲハの生態:詳細)
カラスアゲハが頻繁に飛来することは確認されている。しかし、ミヤマカラスアゲハが我が家の庭にやって来るなんて、想像だにしていなかった。ところが、2016年の秋に確保したカラスアゲハ(と、思っていた)の終令幼虫が蛹化し、室内で保護していたところ、この蛹から2017年1月5日に羽化したチョウはミヤマカラスアゲハであった。その結果、ここ栃木県の下野市にミヤマカラスアゲハが飛来し、市街(我が家の庭)のカラスザンショウでライフサイクルを営んでいることが確認された。 
 2016年10月24日、カラスザンショウで蛹化(前蛹)
カラスザンショウで見つけネットで保護していたカラスアゲハ(と思っていた)の終令幼虫が蛹化した。そういえば、蛹の形がカラスアゲハのそれと異なっているようだ。
 
2017年1月5日、ミヤマカラスアゲハの羽化
羽化したこのミヤマカラスアゲハは、新年早々に殺生してしまった・・・標本確保 のために。ごめんなさい!
42) ヒメジャノメ
決して珍しいチョウではないのだが、ヒカゲチョウと同じように、地味で意外に気がつかない。2017年8月21日、ぶどう棚下の日陰で、細やかに飛翔するチョウに気がついた。このチョウは警戒心が強く、近づくと距離を保ちながらタニウツギの小枝の中に紛れ込む。追い掛け回してようやく葉上に静止したとき、これがヒメジャノメであることを確信した。これで、我が家の庭で確認できたチョウは48種となる。 
 (C)我が家の庭を訪れるチョウたち(招からざる客を含めて)へつづく 
 
 内   容 (リンク)
(その1)   我が家の庭を訪れるチョウたち 現在48種
(A1)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる   (A2)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる
(B1)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる   (B2)我が家の庭を訪れるチョウたちへもどる 
(B3)我が家の庭を訪れるチョウたち
(C)我が家の庭を訪れるチョウたち(招からざる客を含めて)へつづく 
(その2) 庭で観察した蝶の興味ある行動 
(その3)     我が家の庭に棲み着いたチョウ 現在20種
(1) ジャコウアゲハの生態
(2)アカボシゴマダラの生態
  (2-1)アカボシゴマダラの生態 我が家での生態観察と越冬幼虫の観察
  (2-2)アカボシゴマダラの生態 夏型の生態観 
(3)並アゲハ、クロアゲハ、キアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ナガサキアゲハの生態
(3-6)ゴマダラチョウの生態  
(3-7)その他のチョウの生態
モンシロチョウ、ルリシジミ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、
ヤマトシジミ、キタキチョウ、ツバメシジミ、ウラナミシジミ、アサマイチモンジ、
スジグロチョウ
、コミスジ
(その4) トラップいろいろ
(その5) 幼虫の飼育便利グッズ
(その6) 我が家を訪れるチョウの食草一覧(庭に自生・植栽している食草)
 (その7)  アゲハチョウの仲間 幼虫の比較
 別項目 我が家のバタフライガーデンをめざして
   バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウ
 付録 世界のバタフラーガーデン
  下野市で見られるチョウ
 我が家のバタフライガーデンをめざして
   ミツバチやチョウに優しいガーデニング
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る