我が家の庭の訪問者(その3-7)

 我が家の庭に棲みついたチョウ
その他のチョウ 
 
 内   容 (リンク)
(その3-7)     我が家の庭に棲み着いたチョウ その他のチョウの生態
(3-7-1)その他のチョウの生態
  (A)モンシロチョウ、(B)ルリシジミ
(3-7-2)その他のチョウの生態
  (C)モンキチョウ、(D)ツマグロヒョウモン
(3-7-3)その他のチョウの生態 
  (E)ヤマトシジミ

(3-7-4)その他のチョウの生態 
  (F)キタキチョウ、(G)ツバメシジミ、(H)ウラナミシジミ

(3-7-5)その他のチョウの生態
  (I)アサマイチモンジ
(3-7-6)その他のチョウの生態
  (J)スジグロチョウ
(3-7-7)その他のチョウの生態
  (K)コミスジ
(エクストラ)この幼虫は何?
 
(K)コミスジ 
コミスジはチョクチョク庭を訪れ、独特な飛翔で目を楽しませ
てくれるチョウの一つ。その食草はハギであることは周知のこ
とで、ハギの周りをコミスジが飛び回っているのを時折見かけ
てはいるのだが、産卵する姿や卵を一度も確認したことがな
い。
幼虫の食痕はアサマイチモンジに似るので、もし産卵してい
たら比較的容易に見つけることができるはずなのだが・・・。




 2017年7月10日 コミスジの産卵を目撃、そして、卵を確認
市の「自然に親しむ会」の友人の訪問を受けて庭を散策していたとき、ミヤギノハギの周りを飛び回るコミスジに偶然出くわした。さらにこのコミスジは、ミヤギノハギの陰の小枝に止まって産卵行動を見せた・・・初めて目撃。その姿を撮影することはできなかったが、直ぐにその葉を観察すると、緑色に輝く美しい卵を確認することができた。これで、我が家の庭でライフサイクルを営むチョウは20種となった。

 2017年7月10日、100mmマクロレンズで撮影

100mmに28mmレンズを逆転接続して撮影
2017年7月13日、コミスジの卵が孵化
2017年7月14日、昨夜孵化したコミスジの1令幼虫が元気に活動をはじめ、食事も旺盛のよう。このまま無事に成長してほしい。卵は一つしか確認してないので、この枝を切り取り、室内に確保。時折、ガーデンテーブルに移動させ、新鮮な屋外の空気に触れさせるようにしている。 後日、最も奥の木陰になっている小枝から、かなり多くの独特の構造物を見出した(写真右下)。ココで見つかった1令幼虫は全て同じ大きさなので、1頭の母チョウからほぼ同時期に産卵されたものかもしれない。
 
産卵されたミヤギノハギの一枝を確保
ミヤギノハギは水揚げが悪いので注意

新たに見つけた独特の構造物(赤丸)、
それぞれに1令幼虫を確認
2017年7月20日、ネットで幼虫を確保
しばらくぶりに上記のたくさんの幼虫を観察すると、驚いたこ
とに、ほとんどの幼虫がいなくなっていた。アサマイチモンジ
でも同じような経験をしている。両者の幼虫は、ともに枯葉や
枯枝に擬態しているが、意外に容易に天敵に発見されるの
かもしれない。この幼虫の失踪は、ハチやカメムシなどの天
敵以外に考えられないだろう。そこで、食草の枝をネットで隔
離・確保する(写真右)ことにした。寄生されていなければ、無
事に成長すると思われる。

2017年7月14日 孵化して間もない1令幼虫

2017年7月15日 1令幼虫

2017年7月16日 1令幼虫

 2017年7月16日 1令幼虫

美しい幾何学的な食痕を残す1令幼虫(赤→

2017年7月17日 2令幼虫

2017年7月21日、3令幼虫(?)

2017年7月23日、 4令幼虫
 
2017年7月27日4令幼虫、体長がグッーと大きくなった

2017年7月29日5令(終令)幼虫
 
2017年7月30日、5令(終令)幼虫
 
まるで龍、立派な終令幼虫
 
2017年8月2日、前蛹から蛹化

2017年8月3日、1日経過すると蛹は黄金色に
2017年8月7日、コミスジ蛹 3兄弟
庭でネットを掛けて保護してきた幼虫のほとんどが蛹化した
ので、その一部をまとめて回収してきた。ミヤギノハギでの発
生に気がついたときには、優に10頭を超える幼虫を見出して
いたが、時間の経過と共に次々と不明になり、保護できたの
は5頭程度。自然の厳しさを感じさせる。無事に羽化して、庭
を飛び回る姿が楽しみだ。

2017年8月9日、
いよいよ羽化間近か? 
羽が形成され始めた(写真右の右)。
 

2017年8月10日、羽化
残念ながら、羽化の瞬間を捉える写真撮影の機会を逸した。
気がついたときには、羽化した成虫は蛹から飛び立ち、近く
のさくらんぼの葉上で静止した(写真右)。
羽化の写真は次の機会に・・・。




 (3-1)ジャコウアゲハの生態にもどる
   
 内   容 (リンク)
(その1) 我が家の庭を訪れるチョウたち 
(その2) 庭で観察した蝶の興味ある行動 
  (その3)     我が家の庭に棲み着いたチョウ
(3-1) ジャコウアゲハの生態
(3-2)アカボシゴマダラの生態
(3-3)並アゲハ、クロアゲハの生態  
(3-4)キアゲハの生態
(3-5)カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、ナガサキアゲハの生態

(3-6)ゴマダラチョウの生態 
(3-7-1)その他のチョウの生態
  (A)モンシロチョウ、(B)ルリシジミ
(3-7-2)その他のチョウの生態
  (C)モンキチョウ、(D)ツマグロヒョウモン
(3-7-3)その他のチョウの生態 
  (E)ヤマトシジミ
(3-7-4)その他のチョウの生態 
  (F)キタキチョウ、(G)ツバメシジミ、(H)ウラナミシジミ 
(3-7-5)その他のチョウの生態
  (I)アサマイチモンジ
(3-7-6)その他のチョウの生態
  (J)スジグロチョウ
(3-7-7)その他のチョウの生態
  (K)コミスジ
(3-エクストラ)この幼虫は何? 
 (その4) トラップいろいろ
(その5) 幼虫の飼育便利グッズ
(その6) 我が家を訪れるチョウの食草一覧(庭に自生・植栽している食草)
 (その7)  アゲハチョウの仲間 幼虫の比較
別項目 我が家のバタフライガーデンをめざして
   バタフライガーデンを代表する花々(推薦)と、その花を訪れるチョウ
 付録 世界のバタフラーガーデン
  下野市で見られるチョウ
 我が家のバタフライガーデンをめざして
   ミツバチやチョウに優しいガーデニング
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る