我が家の農産物を利用した楽しみ(1)-1

1.干し柿 2.芋ようかん 3.切り干し大根 4.カモミールティー 5.赤大根・カブの酢漬け
 
(1)-1 1.干し柿  2.芋ようかん  3.切り干し大根  4.カモミールティー  
5.赤大根・カブの酢漬け
(1)-2  6.ビワの種を用いた杏仁豆腐  7.ピクルス(キウリ、青トマト、赤ピーマン)
(2)  1. ソバ打ち 
我が家の庭で獲れたフルーツを使ったジャムの作り方 
 
 我が家の庭で栽培している(一部、ご近所から頂いたものを含む)野菜や果物を応用して作ったいろいろな「お楽しみ」を紹介する。その殆どは初めて試みたもので、ちょっと問題と思われるようなものがあるだろうが、繰り返すことによって少しでも進歩すれば良しとしよう。
1. 干し柿
 お隣の地所に放置されてる大きなシブ柿の木がある。毎年立派な柿をたわわに着けている美しい姿を拝見していた。今年、その柿を頂けることになったので、子供の頃に田舎(岡山県美作市)で作った干し柿を懐かしく思い出しながら、作ってみることにした。
とりあえず、10月15日に挑戦し、なんとか完成したものの・・・不安がよぎる。これでいいのだろうか・・・? でも、眩しい太陽の光のもとに鮮やかなオレンジ色の柿の実が映えた光景は秋そのもので、その美しさに感動すら覚える。干し柿は約2週間で完成し、まずは試し食い ・・・ いかにも干し柿らしい味がする(当然ですが) ・・・ その懐かしい味に感激。美味い・・・!  
   
2015年10月15日、干し柿作り
材料
シブ柿     30ヶほど (種類不明、ちょっと小さめ)
 話によると、適期はカビが生えにくくなった11月に入ってからとのこと。
 11月に入って再挑戦した。

準備するもの
最初は包丁で皮むきをしたが、ピーラーを用いたほうが簡便で、さらに新規購入した皮むき器はもっと便利で最適。
吊るすヒモは麻あるいはビニール性のものを用いた。
 
 吊り下げた翌日 約2週間が経過して、既に食べ頃。 
方法
@シブ柿の枝を付け根からT字型に残して切り落とす。
A皮むき器(おもちゃのような製品だが機能的には十分)で、すべてのカキの皮をむく。
A-2 カビの防止のため、沸騰したお湯に10秒ほどつける。
B麻ヒモに結び目を作り、吊るした時に互いにぶつからないように固定する。
C雨の当たらなくて陽当りの良いテラスの下に吊り下げて干す。
  期間は2週間以上。長すぎると固くなるので、できあがるのを見越して適時に屋内に取り込む。
  1週間後くらいで、乾燥が進んだ頃に揉みほぐして中身を柔らかくする。
  カビの繁殖が心配なときは、日本酒or焼酎を噴霧するとよいとのこと。
注意:食べごろを過ぎて放置すると、干し柿は乾燥が進んでだんだん硬くなってくる。硬くなったものを揉み解して食する(子供のときの食感)のもよいが、適切な状況を維持するにはサランラップで包んで冷凍するとよい。
2017年11月3日 グッドアイデア・・・やじろべえ干し柿
自然を楽しむ会の友人S氏の庭から収穫された立派な渋柿をたくさん頂いた(写真左下)ので、早速干し柿を作ることにした。今回は、有機農業仲間のK氏考案によるやじろべえ干し柿。何のことだろうと疑問に思われるれるだろうが、柿を干すための簡単な金具を作ることで、以後、いたって簡単に柿を吊るすことができる。金具はホームセンターで針金を購入し、22〜23cmに切りそろえると、ラジオペンチを用いて写真のように折り曲げて成型(写真右下)する。この金具の両端の曲がった鈎の部分にそれぞれ一個の皮をむいた柿をひっかける。中央を持つとやじろべえになることは容易にわかることだが、沸騰したお湯にこのままおよそ10秒間つけて消毒したのち、結び目を付けたヒモにやじろべえの中央部を挟み込む。結び目を大きくすると、まっすぐ垂らしたヒモでも、両端に柿をぶら下げたやじろべえはバランスを保つことができる。両端にぶら下げる2つの柿は、よく似た大きさのもにするとよい。

頂いた、たくさんの渋柿

針金で作った干し柿用やじろべえ
張ったヒモに2つづつ並べて吊り下げたやじろべえ

2017年11月10日、1週間後の干し柿

揉み解して柔らかくした

 2017年11月19日、2週間後の干し柿 完成!

表面から蜜が 滲みだしている
2017年11月20日、再度・・・干し柿
上記干し柿が完成したとき、ヤジロベエのアイデアを頂いたK氏から、干し柿には最適の蜂谷柿をたくさん頂いた。そこで早速干し柿つくり。 ちょっと前につくったところだったので、いたって順調に進めることができた。そろそろベテランの域に達してきたかな。

再びつくった干し柿(写真右)
2.芋ようかん 
 2015年のサツマイモの収穫は予想以上。1つが1Kgになるような大きなイモがゴロゴロと獲れたものの、これほど大きなイモは料理の仕様が限られてくるので、お遊びのつもりで「芋ようかん」を作ってみることにした。レシピはご近所のオバサマから伝授して頂いたもの。
(1) 芋ようかん作り
2015年11月8日

材料

サツマイモ(アズマニシキ)  特大 1本 約 1Kg
  皮をむいて使用した量 900g
砂糖(上白糖) 75g、  塩  少々 

準備するもの
ピーラー、蒸し器、鍋(あるいはボール)、
マッシャー(押潰し器)、ステンレスのざる、 
シリコンへら、 ステンレス角形容器
 
 
方法
@さつまいもを厚さ1cmくらいの輪切りにする。
Aピーラーで輪切りにされたサツマイモの皮をむく。
B水に1時間ほど浸けて灰汁を抜く。
C蒸し器に入れ、約15分ほど蒸す。
 爪楊枝で芋が柔らかく蒸せていることを確認する
D蒸したイモを他の鍋に移し、マッシャーでを押しつぶす。
E押しつぶしたイモをステンレスのザルに移し、裏ごしする。
F砂糖と塩を加え、弱火を加えながら焦げないようにヘラでかき混ぜる。
  砂糖を加えて熱をかけると、かなり柔らかくなる。 
Gステンレスの型に移し、上から強く圧縮して型に詰める。
H粗熱を取った後、冷蔵庫に入れて冷却する。
(2) 舟和の芋ようかん作り (さいげん大介によるTV情報による)
以前に作った(上述)芋ようかんはとても美味しかったのだが、TVで舟和の芋ようかんが家庭で作ることができるという情報が放送されたことを聞き、早速そのマネをしてみることにした。
2016年11月4日

材料

サツマイモ(アズマニシキ)  大 2本 約 1.2Kg
  皮をむいて使用した量 1000g
砂糖(上白糖) 124g、  黒糖 16g(塊をブレンダーで粒に)粉寒天  12g    水  266cc    塩  1.33g 

準備するもの
ピーラー、蒸し器、フードプロセッサー、 耐熱性ボール
シリコンへら、 ステンレス角形容器
方法
@サツマイモを厚さ3cmくらいの輪切りにし、少し厚めに皮をむいて水に1時間ほど晒す。
Aサツマイモを鍋に入れ、サツマイモがかぶるくらいの水を注ぎ、火にかける。注意:水から茹でること!
 沸騰したら10〜15分茹で、ザルに上げて水気を切る。
Bサツマイモを少し小さく手で欠きながらフードプロセッサーに移す。多すぎる場合には2度に分けて処理する。
C上白糖・黒糖・塩をくわえた後、少し長めにフードプロセッサーにかけてペースト状にする。
Dペースト状になったイモを耐熱ボールに移し、ラップをして電子レンジ(600w)で3分加熱する。
E粉寒天と水を鍋に入れ、ヘラで混ぜて煮ながら寒天を溶かす。
F加熱したての寒天液を加熱されたいもに加え、ヘラでよく練る。注意:全て熱いうちに混ぜて練ること。
Gステンレスの型に移し、上から強く圧縮して型に詰める。
Hラップをかけ、粗熱を取った後に冷蔵庫に入れて冷却する。12時間以上は冷やし固めるようにする。
感想:本物に比べると少し柔らかすぎた感じがするが、味はなかなかのもので感激。こりゃあ、チョクチョク作ることにしよう。繰り返すことにより、技術もアップするに違いない。
 
3.切り干し大根
2015年12月22日、ご近所の農家からたくさんの大根をいただいた。20本ほどは畑に埋めて保存して適時生食として利用することにし、そして残りのさらに20本ほどは切り干し大根に用い、保存食として残すことにした。昨年、ご近所の農家から紹介された「切干突(切り干し大根専用スライサー)」を入手したので、切り干し大根がとても簡単で楽に作ることができる。
切り干し大根つくり
12月22日

材料
大根5本(まずは・・・)
ピーラー、
切干突(専用大根スライサー:
   (田舎では、こんなに便利なものが販売されている)
  
方法
@大根の葉を切り取り、大根を水洗いする。
A大根の首と先端を切り落とし、胴部を二等分する。
Bピーラーで皮をむく。
C切干突で大根をスライスする。
 一本を処理するのに、5分とかからない・・・便利!
D天日で乾燥させる。
 天候にもよるが一週間以内には完了する。
E完成した切り干し大根を定量してビニール袋に入れ、保存する。

  
@
A
B
E
 比較的大きな大根一本で、これくらいの量になる 晴れると4〜5日で完成。比較的大きな大根1本で、およそ40g くらいの切り干大根(写真上)ができる。 
     
4.カモミールティー
娘の希望により植えたジャーマンカモミールを利用して、カモミールティーを試してみることにした。ネットで調べると、生の花を使う方法と、乾燥した花を使う方法があるという。まずは生の花を用いたハーブティーを味わってみることにして、さらに、娘の希望に応じて花を収穫してドライフラワーを作ることにした。
生の花を用いたカモミールティー
2016年5月28日、
 ティーカップ1杯につきジャーマンカモミールの生花を5〜8ヶ収穫し、ティーポットに入れた。沸騰した熱湯をティーポットに注ぎ。約3分後にティーカップに移した。
 実は、ハーブティーを口にしたのは生まれて初めてで、その評価は難しいところがあるが、家内の話によると ・・・ カモミールティーそのものだとのこと。そりゃそうだろう ・・・ カモミールそのものを用いているんだから。
私の感覚から言うと、わずかだが生の青臭い香りを感じた。気になるほどのものでもない。
まあ、しばらくは我が家のカモミールティーを楽しむことにするか?

 ティーカップ1杯につき生花を5〜8ヶ用いる

熱湯を注いで 3〜5 分で完了 ・・・ とても簡単 
ドライフラワーを用いたカモミールティー
ドライフラワーの作り方
@ジャーマンカモミールの花を摘んで収穫する。
  花柄は少し残るくらいで摘み取る。
A新聞紙の上に広げて花を乾燥する。
B4〜5日天日干しにすると、花の芯まで乾燥する。
 晴れていると数日で乾燥を完了する。 
C乾燥した花をガラス瓶に入れ、乾燥剤を入れて保存。

Dカモミールティーは、生花を用いた時(上述)と同じ方法
@
A  B  
 C   D  
カモミールティーは、生花を用いた時(上述)と同じ方法で準備した。 生花を用いたティーで感じた生臭さは完全に消えたたが、その代わりにアクのような味を感じた。でも、ハーブティーとすれば十分。とても満足なカモミールティーとなった。
 
5.大根・カブの酢漬け 
ご近所から頂いた赤大根を用いて酢漬けを作ることにした。昨年の年末にも同じような経験があり、とてもうまくできて、
気をよくしていた。
(1)赤大根の酢漬け
作り方
@中くらいの赤大根 1本
A流水でよく洗う
B幅約3mmに輪切りにし、さらにイチョウ切りにする
C軽く塩もみし、およそ30分後、柔らかくなったところでしっかりと水切りする。
D水で塩を洗い落とす。
E甘酢を準備する。
 穀物酢 大さじ 5 砂糖 大さじ 5  塩 少々
 昆布  1cm X 10cm 5枚くらい
F保存ビンに大根を移し、甘酢を流し込んでよく混ぜる。
一晩おくと、大根がピンクに染まる ・・・ はずが、さほど染まっていない。味はとても良いので失敗ではなさそうなのだが、
季節によるものなのだろうか? 
(2)大根の酢漬け
2016年12月30日(ピッタリ 1Lガラス瓶用)
材料 大きめの大根半分(皮をむいた重さ 600g)、 にんじん 50g

作り方 
@大根とニンジンを流水でよく洗い、ピーラーで皮をむく
A大根とニンジンを縦半分に切り、幅2~3mmにスライスする
B大根とニンジンの薄切りを混ぜ合わせ、塩を3~4つまみ くらい加えて揉み、およそ30分後、柔らかくなったところで水切りする
C水で塩を洗い落とし、しっかりと水切りする
D甘酢を準備する
  酢 200cc  砂糖 大さじ8  鷹のツメ 1本
  昆布 5cm×3cm 2~3枚ほど 柚子の皮 少々
E保存ビンに大根を移し、甘酢を流し込んでよく混ぜる翌日には食べることができる。

(3)カブの甘酢漬け 
2017年6月14日(ピッタリ 1Lガラス瓶用)
材料 中カブ 2ヶ(皮をむいた重さ 500g)
作り方 
@カブを流水でよく洗い、ピーラーで皮をむく
Aカブを縦半分に切り、幅2~3mmにスライスする
Bカブをボールに移して塩を3~4つまみ くらい加えて揉み、およそ30分後、柔らかくなったところで水切りする
C塩を水で洗い落とし、しっかりと水切りする
D甘酢を準備する
  酢 200cc  砂糖 大さじ8    鷹のツメ 1/2本
  昆布 5cm×3cm 2~3枚ほど   柚子の皮 少々
E保存ビンに大根を移し、甘酢を流し込んでよく混ぜる翌日には食べることができる。
これは・・・美味い!
(1)-2  6.ビワの種を用いた杏仁豆腐  7.キウリピクルス(キウリ・青トマト・赤ピーマン) へつづく
(2)  1. ソバ打ち へつづく
我が家の庭で獲れたフルーツを使ったジャムの作り方 へつづく
我が家の庭を賑わす果物へもどる
 
ガーデニングと家庭菜園Topページへ戻る
庭の草花、家庭菜園、自然の恵み、注目すべき花・野菜の播種、果樹、庭の花木、ミツバチ 
我が家のバタフライガーデン、世界のバタフライガーデン、庭の訪問者(チョウ、野鳥など)
下野市のチョウ

Dr.Tanaka の Paph Site に戻る