パフィオペディルムの新品種(その18)

NO. 18 Paph. intaniae ( インタニエ )

 パフィオペディルムの新しい原種がフランスの分類学者ウィリアム・カベストロ(Dr. William Cavestro)により、フランスの雑誌 RHONE-ALPES ORCHIDEESの N。25, pp. 2-8, January-August に報告されました。
この情報は、カベストロ博士本人から頂いたものです。2000年5月15日に、インタニエの写真と図が届きましたので紹介いたします。


 パフィオペディルムの新種が報告されました。この新種はパフィオペディルム インタニエ(Paph. intaniae)といいます。報告者は私、ウィリアム・カベストロ(W. Cavestro)で、ここにその内容を紹介しましょう。 Paph. intaniaeは今年(2000年)の2月7日にインドネシアのスラウェシ(セレベス)島の中東部、グヌン・モロワリ山(Gunung Morowali Mont)に近いライムストーンの丘陵やその近くの崖で発見されました。この新種はフィリピネンセやストネイに近似した種ですが、形態学的にこれらの種とは明らかに異なります。すなわち、インタニエのペタルは短く、まっすぐ(捻れていない)に伸び、基部から先端に向かったおよそ半分は褐色の斑点が密に入り、残り半分は先端に向かって薄く褐色を帯びています。ペタルの中央部の縁には微毛を伴った4から6のイボが両側に見られます。このような形態はストネイには見られません。また、インタニエのリップはストネイより短く、スタミノードも異なっています。花梗や子房もまた異なっています。すなわち、ストネイでは無毛であるが、インタニエでは微毛が生えているのです。インタニエとフィリピネンセ、ストネイ、ランドシーとの違いから、インタニエが新種として強く支持されるものと考えられます。

分類: Paphiopedilum intaniae W. Cavestro, sp. nov.

Paph. intaniae

Photo by
Mr. Ayub. S. Parnata.

Paph. intaniae

Photo by
Mr. Ayub. S. Parnata.

詳細な記述:

 地性の直立草本性の植物。4 〜 7 枚の緑色で直線的な葉は、先劣の幅4.5 〜 6 cm、長さ 25 〜 40 cm。 35-50 cm に伸びる花茎は褐色の微毛をもち、NS 10 〜 12 cm の 3 から 8 の花を着ける。大きな包葉は微毛に覆われ、長さ2.3 〜 2.5 cm、幅 0.8 〜 1 cm。 子房は褐色を帯び、微毛に覆われ、長さ2.5 cm、幅 0.6 cm。褐色で柔毛に覆われた弓形の花梗は長さ1.1 cm。セパルの基部は白あるいは緑かかった白色で、褐色のスジが入る。 ペタルは白色あるいは緑色を帯びた白色地に、基部から先端に向かったおよそ半分は褐色の斑点が密に入り、残り半分は先端に向かって薄く褐色を帯びる。淡黄色のリップには淡褐色そスジが網目状に入る。スタミノードは明緑色あるいは淡黄色で、両端は白色で中央には緑色が網目状に入る。ドーサルセパルは基部は太くなった槍先形で微毛を有し、長さは4.4〜4.8 cm、幅は1.6〜1.9 cm。 ベントラルセパルはややくぼんだ先の尖った卵形で、長さは4〜4.2 cmで幅は1.4〜1.5 cm。ペタルは幅が狭く、先が尖った要に長く伸びるが、捻れはない。長さは6.5〜7 cm で、幅は0.4〜0.5 cm 。4〜6の1 mmくらいの微毛を有するイボがペタルの中央部に見られる。リップは小さく卵形で、長さ3〜3.5 cmで幅は1.6〜1.8 cm 。スタミノードは凸レンズ型で細く、基部は尖っている。中央部はくぼんで網状の模様を有す。長さは0.8〜0.9 cmで、幅は0.5〜0.6 cm。先端は1 mm くらいの切れ込みが入って、2つの突起を有する。

インタニエの図へ続く

新発見されたパフィオの目次へ戻る

ホームページの目次へ戻る